所信表明演説に「電気自動車」は出てくるか?(2020/10/26)で取り上げた菅総理の所信表明演説ですが、その中で 「2050年までに温室効果ガスの排出を『実質ゼロ』とする」方針は示されましたが、その中に「電気自動車」の語句はありませんでした。

菅義偉首相の所信表明演説全文(2020/10/26)「三 グリーン社会の実現」

限られた演説時間の中ですから仕方ありませんが、2050年という目標が定められ具体的な政策として「次世代型太陽電池、カーボンリサイクルをはじめとした、革新的なイノベーション」という文言が出てきましたから、あとは官僚の皆さんの忖度に期待します。

次世代エネ普及へ年内に計画(2020/10/26)

演説の中にあった「次世代型太陽電池」とは次世代型「太陽光発電パネル」のことだと思いますが、現在日本で流通している物は大部分が中国製ではないかと思います。ウチの「太陽光発電パネル」もご多分に漏れず中国製ですが、すでに高い変換効率を誇っています。
18
ウチのは角度を変えることが出来ることもあって、先日の気温がそれほど上がらないながらも良い天気だったときには、定格1600Wのパネルで1600W近くを発電していました。その電気で電気自動車に充電しているのですから、省エネルギーであり「再生可能エネルギーを最大限」利用していることになります。

「次世代型太陽電池」が、次世代型「リチウムイオン電池」もしくは「燃料電池」のことを含んでいるのであるならば、こちらも推進政策におおいに期待します。「再生可能エネルギー」の地産地消や安定供給のためにも、「再生可能エネルギー」を一時的に貯めるためにも、安価な「電池」は必要不可欠だからです。

演説には、「再生可能エネルギーを最大限導入する」ともありましたから、家庭にも普及するような「次世代型」への財政支援や制度改革を行い、早く実用化してほしいものです。それがいずれ電気自動車への普及にも結び付くと思うからです。

再生エネ導入促進へ法改正(2020/10/26)

ちなみに「日本学術会議 総合工学委員会 エネルギーと科学技術に関する分科会」は2020年5月12日に以下のような提言をまとめています。この中で「電気自動車などが初期費用が高くても経済合理的にな りやすく、導入が促進され、CO2 排出削減に大きく貢献する可能性がある」と述べられています。ただし、これは「カーシェア」を念頭においているので、今の新型コロナのような状況では、不特定多数の人が利用する「カーシェア」は難しい面があるかもしれません。

長期の温室効果ガス大幅排出削減に 向けたイノベーションの加速(日本学術会議)



中国、ガソリン車を2035年に全廃へ すべて環境車に(2020/10/27)