三菱自「アイ・ミーブ」生産終了へ 世界初の量産EV (2020/09/18)

三菱自動車は、2009年に売り出した「アイ・ミーブ」の生産を20年度内にも終了すると報じていました。

もっとも三菱自動車は次期軽EVを日産と共同ですでに開発し、水島製作所で(2020/07/28)の生産のため2020年8月より設備投資を始めているのですから、アイ・ミーブがいつ終了してもおかしくない状況ではありました。

逆に、月に10台前後しか売れない車をいつまでも作っていたものだと賞賛されるべきかもしれません。

(加筆:記事中に「累計販売台数は約2万3000台」とありますが、正確には2020年7月までで軽規格のものが 10,814台、普通車規格のものが192台で合計11,006台です。ただし、発売当初4ヶ月の2009年7月〜10月の記録が私の手元に残っていませんので、10,814台よりは増えます。約23,000台との差は海外へ輸出された分でしょう)

販売が伸びなかった原因は「高い価格」と販売戦略にあったのではないでしょうか。

高価な電池が販売価格に占める割合が高い電気自動車はどうしても高くなりがちですが、2009年当時と比べると価格は安くなっているはずです。しかし、リチウムエナジージャパンや東芝の「SCiB」の物は量産効果が出ずに下がらなかったのかもしれません。

「宏光MINI EV」こそ普段使いのサイズ?(2020/09/04)のような例は極端としても、アイ・ミーブMグレードの10.5kWhとさほど変わらない9.3kWhの「宏光MINI EV」が約44万円で売り出されている現状を見ると、価格を下げられる要素はあったかもしれません。

先日、三菱自動車はミニキャブ・ミーブに10.5kWhなくなる(2020/09/18)と告知していましたが、これなどは販売する気がない象徴のように受け止めてしまいます。

2016年3月に製造中止されたミニキャブミーブ・トラックは、10.5kWhしか電池を積んでいませんでしたが、その電池性能が優れており極めて劣化しにくいこととが周知されてきたからか、 2012年発売以来の販売総数 1018台というその希少価値からか、製造中止から4年以上たった今でも100万円ほどで売られています。

中古車市場では、ミニキャブ・ミーブ10.5kWhと16kWhはさほど変わらぬ価格で売られています。

ミニキャブ・ミーブ10.5kWhも事前に販売停止を予告すれば、少しは台数がさばけて有終の美を飾ることができたかもしれません。それもせずに突然の中止ですから、一日でも早くやめたかったかのようです。少なくとも東芝の「SCiB」10.5kWhの価値がわかっていないととらえられても仕方がないでしょう。

アイ・ミーブ生産終了は、軽EVカウントダウン(2020/07/29)の意味も含まれているのでしょうから、期待をこめて待ちたいと思います。(日産の将来も不安ですが
SANY7850
(画像:Mグレード)