軽商用電気自動車『ミニキャブ・ミーブ』を一部改良して発売(2020/09/17)

三菱自動車は、『ミニキャブ・ミーブ』のグレードを16.0kWhのみにし、10.5kWh仕様はなくなっていました。

また、「車両接近通報装置の法規」により車両接近通報音が消せなくなったので、それに関連する変更がありました。
スクリーンショット 2020-09-17 18.45.25
(画像:三菱自動車のHPより引用)

自動車修理工場を経営する知人が、私の三菱のアイミーブを見て、1台仕入れようかと思っていると話していましたが、電気自動車によって違う電池の特性については詳しくないようでした。

「電池の容量は大きいのと小さいのがあるけれど、長く乗るのなら小さいの」とアイミーブなら中古しかない10.5kWhのMグレードをすすめておきました。ミニキャブ・ミーブなら秀逸な東芝のリチウムイオン電池「SCiB」を積んだ10.5kWhグレードが新車ですすめられると思っていましたが、在庫限り?となりそうです。

三菱自動車 2020年7月 生産・販売・輸出実績
(2020/08/30)にあるように日本郵便からの受注がなければ、年間500台を売ることの出来ない車種ですからグレードの縮小は仕方ないかもしれませんが、長く乗り続けてもらうと行った観点からは残念な結果です。