ヴァレオ:群馬大学と日本初の48V EV 4WD軽トラックを共同制作(2020/06/15)

フランスに本拠を置く自動車部品メーカーのヴァレオと群馬大学「次世代モビリティ社会実装研究センター」が、軽トラの48 ボルト四輪駆動電気自動車を共同で制作したという記事です。

「2020 モーターファン・テック・エキスポ」という企画の「新着記事」扱いとなっていますが、どこかで見たと検索したら「ヴァレオと群馬大学、48Vシステム搭載の四輪駆動EV軽トラックを共同制作 日本初(2019/12/03)」とほぼ同じでした。

だからか、ヴァレオにも「次世代モビリティ社会実装研究センター」にもプレスリリースらしきものはありません。

それはさておき、四輪駆動の電トラは魅力的です。

ミニキャブミーブ・トラックが四駆に<2018 /07/02>にも書いたように、軽トラのように四駆があればという質問は何度も受けました。

軽トラ自体は農作業などに使う人が減ってきているからか、販売台数の減少でホンダも軽トラ生産から撤退するそうです。そうした中でも、この記事にあるように軽トラなら、「パワートレインの電動化を想定しやすい。電動化すれば、各種電動工具への充電なども考慮できるはず」といったあたりは、電トラへの期待を少しは持つことができそうです。

実際にウチの電トラは、自前のソーラーで充電を行っていますからここ1ヶ月で1度しか商用電源での充電を行っていませんし、ソーラー発電の電気を蓄え、畑へ移動し、電動の草刈り機を動かしています。エネルギーの地産地消にはもってこいです。
18