環境に優しい次世代自動車の普及を促進するため「地域交通グリーン化事業」の公募を開始します!(2020/04/06)

国土交通省は、事業用の電気バス、プラグインハイブリッドバス、燃料電池タクシー、超小型モビリティや充電設備等の導入支援を行う「地域交通グリーン化事業」を4月6日より以下の要領で公募しているとしていました。
  • 公募期間:~4月22日(水)〈必着〉
  • 公募詳細
  • 支援内容:補助率(上限)・・・導入費用の1/3(電気バスは上限8千万円)
  • 充電設備工事費:実額又は上限額
スクリーンショット 2020-04-08 9.27.38
(画像:国土交通省のHPより引用)

すでに決まっていた継続事業なので、事務的に作業を進めているのだろうけれど、新型コロナウイルスの感染拡大による設備投資停滞により需要が萎縮しているであろう中で、普及拡大を図っていこうとしても応募するところは少ないのではないかと思います。

2020年度の事業予算は5億1200万円だそうですが、このような「不要不急な」事業のお金を積み上げて、収入のなくなった中小事業者やフリーランスへ支援する方が有益なような気がします。『非常事態』なのに執行停止できないのは・・・。

(エイプリルフールにふざけたことを書いた当人として、偉そうなことは言えませんが)