ホンダ新型「フィット」はココがスゴい!一新された心臓部と走り込みで素直な走りを実現(2020/03/16)

私が電気自動車らしきものに興味を持ったのは、1998年にトヨタ・プリウスに乗ったときでした。

アクセルを踏むとモーターで音もなく動き出し、その状態はエンジンがかかる時速まで続きました。エンジンが唸るような車にしか乗っていなかった当時、それは新鮮な感覚で、このままエンジンがかからずどこまでも走り続ければ楽しいのにと思ったものです。

それから8年後、仕事関係で電気自動車のことを本格的に調べるようになり、資料のメモ代わりにこのブログを2007年に書き始めたのですから、ハイブリッド車のプリウスが「電気自動車ニュース」の原点と言っても良いかもしれません。

ホンダの新型フィットのうち、“e:HEV”と名づけられたハイブリッド仕様は、1.5リッターガソリンエンジンにモーターを組み合わせたものです。
bc_sunlight_white
(画像:ホンダのHPより引用)
まだ試乗していませんので記事でしかわかりませんが、『「EVドライブモード」で走っている時のフィーリングは、電気自動車と同じである』は、プリウスの時代から変わらぬ姿です。また、初代のプリウスではエンジンがかかったのが明確にわかりましたが、新型フィットでは「同乗者と会話を楽しんでいたり、音楽を聴いていたりしたら、エンジンが始動したことに気づかないかもしれない」、高速走行などでは「クラッチをつないで通常のガソリンエンジン車と同じように走る。しかし体感上は、その切り替えが全く分からない」そうですからハイブリッドは進化をとげているようです。

こうした進化による「電気自動車と同じ」感覚を体験することは、「電気自動車体験者」のすそ野を広げ、電気自動車へのアレルギーをなくし、電気自動車という未知の「壁」を低くするかもしれませんし、私がプリウスで感じた電気自動車へ続く道をひらくかもしれません。

新型ホンダ・フィットe:HEV e:HEVと日産e-POWER、エンジン回転数とバッテリーの様子から分析する バッテリーとEV走行に注目!(2020/03/23)

上の記事の最後には、そんな思いが透けて見えました。
「もっとバッテリー容量があれば、それに比例して楽しさも増すのに」