2019年度(令和元年度)補正予算 CEV補助金に係るお知らせ(2020/03/04)

次世代自動車振興センターは、 2019年度(令和元年度)補正予算による「クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)」の詳細について以下のように告知していました。

それによると「車両では 外部給電機能を有する電動車、機器では外部給電器及び V2H 充放電設備・設置工事費」と「小型電動モビリティの導入」が補助対象になるとしています。

注目点は、この中で新規に対象となった「V2H 充放電設備・設置工事費」と「小型電動モビリティ」です。

ただし、「小型電動モビリティ」とは規格が決まっていない超小型EVではなく、現行の『 道路交通法施行規則に定める「ミニカー」で電動機のみで駆動 するもの。道路運送車両法上は、施行規則に定める「第一種原動機付自転車」に該当』となっています。

また、補正前と同じですが、 「外部給電器」は、個人は対象でなく、地方自治体、法人(法人格を持たない団体 等を含む)の申請に限られています。新規の「V2H 充放電設備・設置工事費」も同じです。

なお、日程は以下のようになっています。

受付開始時期
  • 車両及び外部給電器:3月13日予定
  • V2H 充放電設備・設置工事費:未定
車両登録日
  • 2020年(令和 2 年) 2 月 22 日以降の登録車で検討中
ここからは根拠のない私の憶測ですが、毎年電気自動車の購入に対する補助金は出る条件が厳しくなっていますし、1台あたりの額も少なくなってきていますから、購入を迷っている人にとって今年度と同額が出る補正予算はチャンスかもしれません。