伝説的F1デザイナーが、1人乗り超小型EVを発表 自動運転のプラットフォームに最適(2020/02/12)

超小型電気自動車の規格(2020/02/05)で新たな超小型電気自動車規格のことを書きました。

そこで、様々な車が出てきたとしても「大きさが限られていますから軽自動車のようにどれも似通った形にならざるを得ない」と書きましたが、『伝説的』デザイナーがデザインすると先入観にはとらわれないようです。(日本と同じ規格ではないでしょうが)
MOTIVE autonomous vehicle platform1
(画像:GMD MOTIV

GMD MOTIVはバッテリーの容量が17.3kWhで、それを液体で冷やすとはいえ一人乗りでありながら一充電距離が100kmというところは理解に苦しみますが、「2年から5年で量産化が可能」としているそうですから楽しみな1台です。(ちなみに現在の普通車規格のアイ・ミーブは16kWhでJC08モードではありますが、164km走ります)