2019年11月30日にリコール:MINICAB-MiEV、i-MiEVのブレーキについて(続編)を書いていた『ブレーキ負圧電動ポンプの対策品は、「2020年2月中旬頃に作業が開始できる数量の準備が整う予定」』通り2月10日にi-MiEVの修理を行ってもらいました。

ただし、MINICAB-MiEVトラックの方は、対策品が届いていないのと3月に定期点検をするので、同時にしていただく予定です。

リコール情報:MINICAB-MiEV、i-MiEVのブレーキについて
ブレーキ倍力装置に負圧を発生させるブレーキ負圧電動ポンプにおいて、防水構造が不適切なため、 使用過程においてポンプ内部に水分が浸入することがあります。 そのため、電動ポンプの内部が腐食し、ポンプの性能が低下して、最悪の場合、ブレーキ警告灯が点灯するとともに警告音が鳴り、 ブレーキペダルの操作力が増大し、制動距離が長くなるおそれがあります。
対象となる車両かどうかについては、リコール等対象車両検索で確認できます。 

スクリーンショット 2019-11-07 20.26.23
(画像:三菱自動車工業のHPより引用)