狭い道は電気自動車<2019 /01/28>で災害や事故、狭い道はEV出動 都が特別チーム (2019/01/26)を伝え、東京都が今年度内に創設する特別チーム(ファーストエイドチーム)のことを書きましたが、「道幅が狭い住宅密集地」や「高齢者の生活事故」に迅速に対応するそのチームに採用された電気自動車は光岡自動車の「3 輪電気自動車『Like-T3』」でした。
スクリーンショット 2019-12-24 18.21.03
(画像:光岡自動車のHPより引用)

光岡自動車 東京都に「災害現場における初期対応の迅速化」を実現する車両 として 3 輪電気自動車 『Like-T3』(ライク・ティースリー)が採用(2019/12/20)

救急医療に使う「EVのコンパクトカー1台、三輪バイク2台」と1月の記事にありましたから、電気自動車はミニキャブミーブだと思い込みましたが、軽自動車よりより小回りがきき、電気自動車と三輪バイクが融合した「Like-T3」になったのかもしれません。 また、AED等の資器材を積載もするとありますから、これを元に救急仕様に改造したのでしょう。 車両は既に完成し、2020年 1 月 6 日(月)に行われる、東京消防出初式の会場で「ファーストエイドチーム」発隊式と共にお披露目となるそうです。