災害時等において電気自動車等は「電源コンセント」が活用できます。(2019/11/15)

国土交通省は、電気自動車などに備えられている電源コンセントの設置状況と使用方法を一覧にして公表していました。

停電した被災地で電気自動車などは、動く発電機として活躍してきたことから、「その有効な活用を促進する観点から、主な電気自動車等について、コンセントの設置状況と使用方法をお知らせします」とのことです。

「主な電気自動車」ですから「ミニキャブミーブ・トラック」は一覧にありませんが、もちろん給電器(写真のイスの上の物)を通して100Vを取り出すことができ、1500Wまでのコタツやパン焼き器、トースターも使うことができます。
IMG_2748
(画像:2017/11/26)

(加筆)給電器への補助金は法人には出ています。しかし、こうして国土交通省が電気自動車などの有効性をわざわざ知らせるのですから、個人への補助金を復活してはいかがでしょうか。

2015年には、写真の給電器への補助がされていました。「MiEV power BOX」は、154,080円(消費税込)しますが、この価格で見積もりを取れば、上限71,000円の補助金が出て、実質83080円で買うことができたのです。
給電器 MiEV power BOX が補助金対象に(2015/04/10)

外部給電器申請受付開始(大訂正)(2019/05/12)に書いたように、災害時に避難場所に指定されている学校や公民館に収容できる人数は限られているのですから、今年の台風被害のときに私設の避難所ができたように、電気自動車利用者はもしもの時に、そのようなところへの協力をすることを条件に個人への補助金を出しても良いのではないかと思います。災害は忘れる間もなくやってきているのですから。

スクリーンショット 2019-11-19 8.19.57
(画像:国土交通省の別紙より引用)
スクリーンショット 2019-11-19 8.21.04

NTTに電気自動車(2019/11/10)

リーフだけで何日暮らせるか( 2019/10/18)

動く蓄電池(電気自動車で災害対策 4)(2019/10/12)