今、開催されている東京モーターショー2019での注目点は、今さらながらの日本メーカーの電気自動車シフトです。以下一覧にしてまとめておきます。

NISSAN
  • ニッサン アリア コンセプト・・・運転支援システム「プロパイロット2.0」 搭載。ツインモーター4輪制御システム採用。充電口がリーフのような前面から左右前方に移動?したかもしれません。左右に口になりそうな所がありますから、普通充電口と急速充電口を分けたのかもしれません。カメラマンはEVに乗ったことがないのでしょう。そこのカットはありません。[詳細画像1][詳細画像2]
  • ニッサン IMk・・・軽自動車規格を展示[詳細画像1]、[詳細画像2]、[詳細画像3]
スクリーンショット 2019-10-25 18.37.38
(画像:NISSANのHPより引用)

HONDA
  • Honda e・・・『都市型』コミューターは2020年日本発売。バッテリー容量35.5kWh。一充電走行距離最大220km。八郷社長のスピーチの中には、給電器「Power Exporter 9000」や、着脱式バッテリー「Honda Mobile Power Pack」が出てきました。近年の災害を意識してのことでしょうか。 

TOYOTA
  • 超小型EV(名前はまだない)・・・2020年冬ごろ発売予定。最高時速60km/h、一充電走行距離約100km。軽自動車より小さい2人乗り。
  • 超小型EV ビジネス向けコンセプトモデル・・・短距離移動と離駐車を繰り返す業務用とのことですが、スタイルは「超小型EV」よりもかっこいいですし、距離を走らなくても私ならこちらを選びます。 
  • レクサスLF-30 Electrified・・・2020年発売。バッテリー容量110kWh。1充電走行距離500km(WLTP)をめざす。4輪ホイールモーター。高級車扱いの車だから仕方ないですが、110kWhとはいかにも盛りすぎを感じます[詳細画像
スクリーンショット 2019-10-25 19.24.45
(超小型EV ビジネス向けコンセプトモデル画像:トヨタのHPより引用)

マツダ
  • MX-30・・・2020年後半の欧州で発売。日本での発売時期は未公表。バッテリー容量35.5kWh。1充電走行距離200km(WLTP)。「ノルウェーや米国でのEVの利用状況などから、航続距離(=バッテリー容量)を決めた」と担当役員が述べたとありますが、10年ほど前に三菱や日産が同じ事を言っていました。ドイツでの価格3万3990ユーロ(約408万円)は200kmの車にしてはいかにも高すぎるでしょう。[詳細画像
  • ロータリーエンジンを発電に特化したレンジエクステンダーEVを開発中。航続距離400kmとのことですから、マツダにとってはこちらが本命かもしれません。
スクリーンショット 2019-10-25 18.51.02
(画像:マツダのHPより引用)

三菱
  • MI-TECHコンセプト』PHEV[詳細画像]・・・ガスタービンエンジンは、ガソリンだけでなく軽油、灯油、アルコールなど様々な燃料を使うことができるところが魅力的です。
FOMM
  • FOMM One・・・2020年3月か4月に日本でデリバリーしたいそうです。超小型の規格がトヨタの思わくで動き出しそうですから、FOMMなどにとっては願ったりかなったりでしょう。前のにコメントをいただきましたが、こうした水に浮くことができる車であれば、先日の水害でもおおいに役立ったことでしょう。
スクリーンショット 2019-10-28 8.05.36
(画像:FOMMのHPより引用)

ベンツ


[番外編]
プジョー
  • E-208・・・2020年7月〜9月に日本で発売。バッテリー容量50kWh。1充電走行距離340km(WLTP)。価格予想350万円〜400万円。チャデモと普通充電の口を配置。