三菱自動車、第46回東京モーターショー2019出品概要電動SUVコンセプトカー『MI-TECH CONCEPT』及び新型軽コンセプトカー『Super Height K-Wagon Concept』を世界初披露(2019/10/03)

軽EVがやってくる!(2019/10/02)では、東京モーターショーで初公開されるコンセプト軽EVカー「ニッサン IMk」を紹介したところですが、世界初の量産型EVを販売した本家?の三菱の方は、あくまでも「新型軽コンセプトカー」であり、電気自動車ではないようです。
スクリーンショット 2019-10-03 20.40.17
(画像:三菱自動車工業のHPより引用)

むろん軽EVがやってくる!に書いたように、2022年度に販売されるという軽EVカーは、「ニッサン IMk」とともに三菱版も出ることでしょうが、三菱「ek」シリーズの中に「ekワゴン」があるように、発表でも日産とすみ分けをしているようです。

また、もう2台電動車として、『MI-TECH CONCEPT(マイテックコンセプト)』と『MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシエンゲルベルクツアラー)』というプラグインハイブリッドEV(PHEV)システムを搭載した車を展示するそうです。

特に『MI-TECH CONCEPT』は、軽量・小型化した新しいプラグインハイブリッドEV(PHEV)システムを搭載するそうで、発電用エンジンを従来のガソリンエンジンからガスタービンエンジンに変更しているそうです。

純粋な電気自動車ではありませんが、三菱が得意とするPHEVの行く末も気にかかります。