充電インフラ補助金 公募兼交付申請 6月末日採択結果のお知らせ(2019/07/18)pdf

次世代自動車振興センターが2019年6月末の補助金申請の採択結果を上のように公表していました。お住まいの近くに新しく充電器が設置されるかもしれません。ぜひ、お確かめください。

高速道路 SA・PA 及び道の駅等への充電設備設置事業(経路充電)では、待望のサービスエリアやパーキンエリアに増設?が始まりそうです。18カ所のうち以下の6カ所です。(旧機種の置き換えということも考えられなくはないです)
  • 東名高速道路 海老名サービスエリア(上・下)
  • 名神高速道路 草津パーキングエリア(上・下)
  • 九州自動車道 古賀サービスエリア(上・下)
P1020642
(草津パーキングエリア下り 2013/07/31に新設)

新設は以下の2カ所です。
  • 東海北陸自動車道 瓢ヶ岳パーキングエリア下り線
  • 新東名高速道路 長篠設楽原パーキングエリア下り線
道の駅は9カ所で、産直市場の位置づけが「長崎県  みむろの郷」でした。

商業施設及び宿泊施設等への充電設備設置事業(目的地充電)では、9カ所の内そのほとんどの8カ所が日産の店舗でした。最近設置を進めているホンダもEVの普及を目指すというトヨタもありませんでした。 補助金なしで自前で設置するのかもしれません。

マンション及び事務所・工場等への充電設備設置事業(基礎充電)では、19カ所のうち埼玉県の2カ所を除く残りすべてが東京都でした。コミュニティセンターや市民センターが多いのが特徴的です。

集合住宅における充電設備等導入促進事業を開始(2018/06/11)