「電気自動車」アンケート(2019/06/13)のコメントに「急速充電器での充電は一度に1〜2台、ガソリンスタンドなら少なくとも6台以上、しかも給油にかかる時間は短い。インフラ整備では充電器はガソリンスタンドの数十倍の開きが有ると言えるのではないか」という旨をいただきましたので、加筆しておきます。

普通充電器は滋賀県下に約270カ所(2019年3月現在)あり、たとえばイオン近江八幡では買物中に充電することができます。このような便利なところばかりにあるわけではありませんが、約120カ所の急速充電器と合わせると滋賀県下には、約390カ所の公開された充電器があります。

「公開された」充電器と書いたのは、公開されていない・誰もが自由に使うことができるわけではない充電器もあるからです。次世代自動車振興センターの都道府県別 補助金交付台数 (2009~2017年度)を見ると、滋賀県では電気自動車で約1400台分、充電もできるPHVで約1000台分、合わせて約2400台分に補助金が支払われたことになっています。

これらすべての車の所有者が、事業所や家庭などに1台につき1個ずつ普通充電器を付けているとは限りませんが、私の知る限り付けている人は多いですから、そのうち半分の車の持ち主が個別に普通充電器を付けていたとすると、県下には隠れた充電器が約1200カ所あることになります。先の数字と合わせると充電器は約1590カ所あることになります。

ここまでカウントするとなるとガソリンスタンドと比較するのには無理があるといわれるかもしれませんが、それはその通りで、個人の充電器約1200カ所といっても、他人の家の充電コンセントを勝手に使うわけにはいかないからです。

ただし、給油時間は短いですがスタンドでしかできないガソリン車と、帰宅後に充電ガンを差しておけば寝ている間に満充電になる電気自動車などとは比較する土俵が違うので、比べることは難しいということも言えるでしょう。

とはいえ、8年間の個人的な経験から言えることは、「充電器はガソリンスタンドの数十倍の開きが有る」という感覚はありません。生活環境・移動実態によって違いはあるでしょうが、普段の充電は自宅での普通充電で十分で、万が一の保険となる急速充電器は、この8年間であちこちに整備されてきたので、インフラとしては形になってきていると言えるのではないかと思います。
スクリーンショット 2019-06-12 20.41.30

トヨタ、EV本格参入で充電インフラ不足に? 東京電力が提案する電柱充電とは(2019.06.13)