トヨタとスバル、SUVモデルのEVを共同開発へ(2019/06/06)

トヨタとSUBARUは、中・大型乗用車向け電気自動車プラットフォームとCセグメントの電気自動車SUVモデルを共同開発すると伝えていました。他のメディアによると2020年代前半に、それぞれのブランドで売り出すそうです。

また、電気自動車の要の部品となる電池は、トヨタ、中国電池最大手と提携 電動化計画5年前倒し (2019/06/07)とあるように、中国の世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)と提携し、トヨタの「世界販売台数の半分を電動車にする目標時期を2025年と従来から5年ほど前倒し」するともありますから、6月5日に書いていた電気自動車の電費基準の中の「2030年」基準なんて、「厳しすぎる」どころか余裕を持って達成することができそうです。(販売数が伸びたらという前提で)

うがった見方ですが、経済産業省と国土交通省の新たな燃費規制の発表が3日でしたから、官僚の面目を守るために、発表後のプレスリリースになったのかもしれません。

どんな事情があるにしろ、電気自動車の選択肢が増えることはうれしいことです。

トヨタ、「5年早い」電動化に危機感 電池で全方位外交(2019/06/07)