ホンダ関連の話題が続きます。

米ホンダ、フィット EV の使用済みバッテリーを再利用へ…電力網に組み込む(2019/05/17)

フィットEVは、東芝のリチウムイオン電池「SCiB」を20kWh載せていました。この「SCiB」は、10.5kWhの電池を積む三菱アイミーブMグレードなどで証明されているように「長寿命」「急速充電」「高入出力」に優れた電池です。

電池容量残存率105パーセント<2018 /07/25>
2011年8月18日にアイミーブ Mグレードが来て.(2011/08/20)から約6年11ヶ月で走行距離が8万2500キロを越えました。この間、約1640回(急速充電307回、自宅外での普通充電28回、自宅200V充電1303回)充電を繰り返してきましたが、「105」という数字が示すように電池の劣化は感じられません。

東芝のリチウムイオン電池「SCiB」は、 充放電20,000回以上の長寿命特性があるそうですから、このまま充電を繰り返すと85年以上もちそうで、すでに7年たちましたから残りは78年です。孫の代までこの電池は使えそうです。

アメリカのフィットEVは、2012年夏からリース販売していたそうですから、私のアイミーブと大差なく、リースで長く乗っていたとしても「SCiB」ですから、それほど劣化はしていないのではないでしょうか。ですから、「使用済み」とすることには違和感がありますが、「再利用」は当然のことと受け止めます。

「SCiB」の「長寿命」を考えれば、「蓄電装置」としての再利用ではなく、電気自動車への載せ替えとして利用できそうですし、「SCiB」のこれまでのデータを生かして、本来の使い方、電気自動車への採用が広まってほしいものです。昨日、電気自動車に興味を持つ人が私のアイミーブを見ての第一声が「電池は何キロぐらいで載せ換えるのか」でしたから。