ガソリン車、30年に全面禁止=市民の寿命「3カ月長く」-アムステルダム(2019/05/04)

オランダのアムステルダム市で、2030年からガソリン車やディーゼル車の市内走行を全面禁止する計画を公表したと報じていました。

オランダは、公共のバスすべてを2025年までに電気バスに替えると2016年に発表している国です。

また、オランダでは、2018年の電気自動車の販売台数は、2017年の3倍となる2万4,024台で、新車販売台総数の5.4%を占めているそうです。(日本では約0.2%)

オランダは、九州とほぼ同じ面積だそうですし、国内の最高地点が322.5mだそうです。

電気自動車は、トルクがあるので力強く坂道は上っていきますが、その分坂道では電気を多く消費するために、いわゆる「電費」が悪くなり、坂道は電気消費が大きいという意味では「苦手」とも言えますが、急な坂道が少ないオランダは、電気自動車にとって最適な国と言え、今度も拡大が続くに違いありません。(一部の文を修正しました)
スクリーンショット 2019-05-06 18.16.14
(画像:オランダ政府観光局HPより)