CEV(クリーンエネルギー自動車)補助金(2019/04/22)

2019年度CEV補助金(クリーンエネルギー自動車導入事業費)のご案内(2019/04/22)

次世代自動車振興センターより今年度の補助事業の受付が4月22日(月)に始まりました。

補助事業の重要変更ポイントとしてあげられているのは、補助金の目的に、『駆動用蓄電池又は燃料電池を活用し、エネルギー供給源を分散化することで、災害による大規模停電のリスクを最小化し、災害対応力を向上させること』が追加されたことです。

行政の文書ですから何が言いたいかが難しいですが、ようは補助金をもらったからには、車載コンセント(1500W/AC100V)から電力を取り出せる機能を持った車は、災害時に 国・地方公共団体から要請があった場合、可能な範囲で協力してねということです。

しかし、「重要ポイント」というなら、外部給電機能の有無で補助金の差を出すべきで、機能のないテスラ車も機能のあるリーフも同じ40万円では、しばりのある方が不公平というものです。

補助金の中身についても不公平です。

(補助単価 1千円/km)かける(一充電走行距離(km) )ですから、基本的には変わりませんが、「普通自動車のうち、人の運送の用に供する乗車定員 10 人以下の自動車(いわゆる 3 ナンバー車)」たとえば、日産 e-NV200ワゴン G 5人乗り(40kWhモデル) やG 7人乗り(40kWhモデル)は計算式が違うものとなり、昨年度の30万円から今年度は20万円に減額されています。

不公平なのは、プラグインハイブリッド車を相変わらず優遇しているからです。昨年度までの補助金の制度設計は変更されていませんでした。

昨年も書きましたが、上に書いたように 電気自動車への補助金額は、その一充電航続距離に比例しています。たとえば、三菱 ミニキャブ・ミーブ(電池容量10.5kWh) は一回の充電で100km走りますから10万円が、ミニキャブ・ミーブ(16.0kWh) は150kmですから15万円と昨年と同様の額が補助されます。

しかし、プラグインハイブリッド車(PHV)は一充電航続距離に関係なく、一律に20万円補助されます。たとえば、トヨタ プリウス PHVはEV走行が68.2km、三菱アウトランダーPHEVは60.2kmから65kmです。これは、ミニキャブ・ミーブ(10.5kWh) の100kmより少ないですが、倍の20万円も補助されます。 ミニキャブ・ミーブ(16.0kWh) にいたっては、それらの倍以上走りますが、5万円少なくなっています。

昨年に続きしつこく書きますが、「クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」の事業目的は「CO2排出量の削減」であり、日本において「世界に先駆けてクリーンエネルギー自動車の市場を確立」することです。 にもかかわらず、プラグインハイブリッド車よりも一充電走行距離が長い「電気自動車」への補助金が少ない制度では、その設計自体が間違っています。 このような「目的」と「具体的な中身」との整合性がとれない政策では、「えこひいき」したプラグインハイブリッド車は買われても、世界で広がり始めた電気自動車という「次世代自動車の普及を促進」は望むべくもないでしょう。

この「えこひいき」な制度設計は2017年度から始まっていますが、そのもくろみ通り2017年度にはプラグインハイブリッド車の販売数は大きく伸びています。その結果、急速充電に対応したプラグインハイブリッド車が急速充電器に殺到しているにもかかわらず、販売するディーラーにそれに対応した充電器がないというお粗末な事態となっています。
スクリーンショット 2019-04-22 21.43.55
(画像:次世代自動車振興センターHPより引用)

昨年は「早くても来年度からになるのでしょう」と期待して書きましたが、忖度する姿勢は変わらないようです。「その間に、ますます世界において行かれるとも知らずに」とも書きましたが、上海モーターショーでは現実のものとなりつつあるようです。

日本電産、今期純利益22%増 EV用モーター伸びる<2019 年4月23>

税金を使うのですから、公正公平にやってほしいものです。

なお、新たに補助金対象に加わった外部給電器は、そのリストが見あたりませんでしたが、(別表1)補助対象経費の内訳及び補助率によると、外部給電器本体価格(税抜)の補助率は1/3 以内だそうです。たとえば、三菱の給電器「MiEV power BOX」がその対象だとすると、税抜価格が142,666円ですから、補助金は47,555円となりそうです。(千円未満はカットで47,000円)

最初に書いたように、災害時に給電を協力してねということで、2015年にあった給電器への補助金を再開したのでしょうが、リスク管理の上からは本当の意味での「重要ポイント」なのですから、以前のように半額補助でも良いような気がします。

MiEV power BOX(2018/04/04)

(別表1)銘柄ごとの補助金交付額(2019/04/22現在)PDF

クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金 交付規程(2019/04/12)PDF

CEV補助金 「よくある質問と申請書類の不備」(2019/04/22)PDF