トヨタ2029 電動化を最適化する 寺師副社長インタビュー(2)(2019/03/15)

寺師茂樹副社長へのインタビュー記事です。

冒頭で「国単位でみても自動車全体のシェアの1%に達している国は数えるほど」とあります。この1%がピュアEVだけを指すのか、PHEV(プラグインハイブリッド車)も含めるのかは文中に書いていませんが、電気自動車充電スタンド情報を提供するGoGoEVのコラム「【EV/PHEV】電気自動車・プラグインハイブリッド車の国別・メーカー別比較(2018年)」(2019/03/18)によれば、EV・PHEVを合わせた販売台数で18位のアイルランドまで1%を越えています。

元データの Visualizing EV Sales Around the World(Visual Capitalist)にも18位以降の国名は書いていませんが、2%台が9カ国ありますから、アイルランドの1.6%に続く1%台が数か国あってもおかしくはないでしょう。

世界の国数は約200か国ですから、1%台が仮にあと2か国あったとすると、約200か国のうちの約20か国が1%に達している国となりますから、その割合は世界全体の10%となります。

この数字から「1%に達している国は数えるほど」とみるか、「1%に達している国は世界に1割もある」とみるかは、その立ち位置にもよるでしょうが、月面探査プロジェクトに自車を送り込もうとするトヨタ自動車は、後者であってほしものです。 

「一生懸命電池性能向上とか、コストダウンとかはやっていかなきゃいけない。それはEVだけじゃなくFCVも同じです」と言いながらも、また、「全ジャンルの商品を揃え」といわれながらも、現実には高価なFCVは販売してEVは出していないのですから、まずはトヨタもEVを出してスタートしてほしいものです。
スクリーンショット 2019-03-20 12.32.23
(画像:JAXAのHPより引用)