米ボーイング、「空飛ぶ車」試作機の試験飛行に成功 (2019/01/24)

ボーイング社が成功した「空飛ぶ車」の試験飛行を報じていました。もちろん「電動垂直離着陸機」だそうですから、「車」は電気自動車なのでしょう。

離陸から着陸まで飛行中は完全自動運転するそうですが、現在、乗るとなると飛行機免許も必要となりそうです。しかし、遠くない将来、車が完全自動運転化されると自動車免許も飛行機免許も不要となり、子どもからお年寄りまで、ドアからドアまで完全自動で送り届けてくれる時代が来るかもしれません。

これは、ある意味「ドラえもん」の「どこでもドア」が現実化するということです。

ただし、記事には「静か」とありましたが、今のドローンのようにプロペラをまわしている限りは、けっして静かではないでしょう。