日産 デイズ/三菱 eKワゴン 新型プロトタイプをスクープ!発表は3月、電動化も(2018/12/21)

日産と三菱の合併会社「NMKV」が共同開発する日産『DAYS』と、三菱『eK』の次期モデルチェンジをスクープしています。

記事では、660cc直列3気筒と電気モーターのマイルドハイブリッドというのが前提ですが、写真に充電口の形跡が見あたらないか捜しました。

日産リーフは、フロントの日産マークの上に充電口がありますから、同じようなところを見ましたがそれらしき凹凸はありません。しかし、その下には少しスペースはありそうです。
スクリーンショット 2018-12-28 10.27.45
(画像:日産のHPより引用)

三菱アイミーブの場合は、左右の後部に急速充電口と普通充電口が分けて配置してありますが、スクーク写真は、右側面の写真しかなく、給油口の跡も確かめる事はできませんでした。

三菱アイミーブの左右配置は、ガソリン車アイの車体を流用した関係で、給油口を充電口に置き換えています。「2020年台初め頃」と予想される次期軽の電気自動車も、車体は次期デイズを流用するでしょうから、リーフのようにフロントの充電口ではなくて、横につくかもしれません。

軽自動車EVを2019年発売か(2017/12/25)

日産 スキラッチ副社長「日本は一番早く電動化が進む」(2018/04/20)