日産自動車、「Nissan Energy」を発表(2018/11/28)

日産は、電気自動車におけるバッテリーへの蓄電、または放電機能が、社会と今後どのように繫がっていくのかを再定義した「Nissan Energy」(ニッサン エナジー)を発表していました。

「再定義」というように発表の中身は、今までの実例や実績、すでに公表されている今後の計画を改めてまとめたものに過ぎません。

たとえば、「Nissan Energy Share」と英語にはなっていますが、その中の一つは、電気自動車と家とを結び電気のやりとりをする「Vehicle-to-Home」(日産では別名「LEAF to Home」)であり、すでに対応した機器を設置し運用している家庭もあります。
スクリーンショット 2018-11-29 7.44.41
(画像:日産のHPより引用)

また、「Nissan Energy Supply」と大げさに書いていますが、自宅での充電ができるだけでなく、外出先での急速充電ができることを書いているだけです。

電気自動車を使った様々なサービスを「ニッサン エナジー」に統一し、ブランド名を高めるためのようですが、なぜか唐突な発表に思えます。リーフの60kWhグレードの発売をこの時期に公表する予定でしたが、それが延期されたため、「ニッサン エナジー」だけを発表したのかもしれません。

日産新型車発表会、副社長の登壇キャンセル(2018/11/30)

なお、営業妨害するつもりはありませんが、「Nissan Energy Supply」の中で紹介されている「住宅用充電設備(コンセントや充電器など)が日産の電気自動車に安全に接続できるかを検証したり、日産が認定した設置業者を紹介することで、お客さまに安心感を提供します」は他の方法もあります。

「住宅用充電設備」とは要するに、どこの家にも分電盤まで来ている200Vを専用の線で延長して、リーフの近くの壁などに普通充電コンセントをつけるだけですから、近所の電気屋さんに頼んだ方が安くできます。