西日本豪雨をはじめとした一連の豪雨・暴風雨による災害によって被災した 補助金交付車両の「財産処分」※手続きに関するお知らせ(2018/08/08)

電気自動車などCEV(クリーンエネルギー自動車)を購入すると国から補助金が出ますが、その制度上、現行のリーフなどでは4年間は乗り続ける決まりとなっています。しかし、都合により 4年または 6年以内に乗り換えたり中古車として売却したりした場合には、所定の金額を返納しなければなりません。
しかし、西日本豪雨などの災害で車が走行不能等になったことにより登録を抹消する場合には、正式な手続きをすれば、補助金を返さなくても良くなっており、今回のものはそれに関する告知です。

補助金に関わる「財産処分手続き方法」については、 リンク先をご覧ください。
スクリーンショット 2018-08-09 17.31.28