岡山県と「EVシフトに対応した産業と地域づくり」に係る連携に関する協定を締結(2018/08/07)

三菱自動車は、岡山県と「EVシフトに対応した産業と地域づくり」に係る連携に関する協定を締結したと公表していました。
5195-1
(画像:三菱のHPより引用)
三菱が「倉敷市の水島製作所でEVを生産し、多くの自動車部品を県内のお取引先から購入」していることから協定締結に至ったようですが、アウトランダーPHEVは愛知県の岡崎工場で作っていますし、アイ・ミーブに至っては5月に4台、6月に5台しか売れていないのですから部品供給といっても、現在は微々たるものでしょう。

アイ・ミーブ後継の次期軽EVは、日産と共同で作っている軽自動車(ek、ディズ)を元にした一つのグレードになるのでしょうから、その量産化に期待してのことでしょうが、ガソリン車との価格差を小さくし、営業にも力を入れないと、現状と変わらないかもしれません。