急速充電器で90分…「電気自動車」はガソリン車に勝てるのか(2018/06/16)

日本のEVの能力はどの程度なのだろうか、航続距離が不安と、リーフ40kWhのモデルで、約500キロを検証したレポートです。
smart
(画像:日産HPより引用)

週刊FLASHを出している光文社という会社の記事だからと思いましたが、読んでみると先日の「EVなんて買ってはいけない?高い・不便・故障多い…特にホンダは避けるべき?(2018/06/09)」と大差ないものでした。事実を伝えようとすると、ライターの選択を考えないと記事だけでなく、雑誌の信頼性も失われてしまうのではないでしょうか。

人を引きつけようとタイトルは誇張してつけますから、それにのせられてそんな記事を紹介するのも考えものですが、一応反応しておきます。「勝つ」「負ける」ではなく、とりあえず共存だとモータージャーナリストもおっしゃっているような気がします。

5月29日号の記事なのに、文中に「エアコンが大きく影響するようだ。群馬方面へ230キロ走行したところで、電池の残量が約10%に」とあったので、えらく電費が悪いなと思いましたが、後ほどに「EVにとっては過酷ともいえる雪国」のオーナーの話が出てきますから、テスト走行の日付の記載はありませんが、冬場に暖房を入れて走った記録のようです。

文中に「充電時間が季節によって左右され」ともあるのですから、テスト走行がどのような条件によって行われたものか、読者に暖房を入れると走行距離が短くなってしまうEVのことを正確に知ってもらうためにも、最低でも書いておくべきでしょう。

ほかにも記録として無理があるところもあります。「コンビニの急速充電器でおよそ90分間、充電」とありますが、一般的な充電器は充電時間を30分で制限していますから、次ぎに充電を待つEVがいなかったからでしょうが、1回目の30分終了後に追加で入れる、いわゆる「おかわり」を2回も繰り返しています。

オーナーの発言の中に「マナーの問題」とあるのに、それがどんな問題か深掘りしていないので、自分自身のマナー違反を公言してしまっています。

それ以前に、なぜコンビニの充電器だったのでしょうか。コンビニの充電器というと急速といえども20kWや30kWといういわるゆる「中速」の物がほとんどですから、出力が小さいために同じ電気量を入れるのにも時間ばかりがかかってしまいます。

詳しい走行ルートや折り返し地点の「群馬方面」の場所の記載はありませんが、地図で東京から230キロというとかなり県境近くのようですから、出力の大きい日産ディーラーなどはなかったのかもしれません。帰りの途中、大宮でも充電していますが、具体的な充電場所を書かないと前記のように充電器によって条件が変わってくることから、レポートとしては評価がくだせないでしょう。

EV初心者であれば、電池残量がわずかになってあせってしまったことでしょう。ただし、県境近くであれば、相当高度は上がっていたはずですから、折り返し以降は下り坂が続いたのではないかと想像できます。そうであれば、電気を消費しないばかりか状況によっては回生発電で電気が増えることもあります。残り10パーセントでも日産のナビで検索をかけて、44kWの急速充電器が多い日産ディーラーや50kWの急速充電器までたどり着けたかもしれませんし、1回の充電で東京まで帰り着くことができたかもしれません。

そんなこと初心者にわかるか、と言われれば返す言葉はありませんが、ガソリン車にはない不思議さや面白さがEVにはあるので、そういう所も含めてメリットやデメリットを載せてほしいものです。