テスラ ロードスター 新型に小型ロケット10個を装着…「スペースX」パッケージ設定へ(2018/06/11)

空飛ぶ電気自動車(2017/11/23)で テスラ ロードスター 新型、空飛ぶ車に? マスクCEOが構想明かす(2017/11/22)を紹介しましたが、それを具体化した『ロードスター』の「スペースX」パッケージを発表したと報じています。

「スペースX」パッケージとは、テスラ車を載せて打ち上げられたロケットが「Space X」だからでしょう。


その中身はというと、小型ロケット推進システムを10個もつけて、最高速は400km/h以上だそうですから、翼をつければ間違いなく飛ぶでしょう。飛行機の速度は、離陸時に300km/h前後だそうですから。

そして、途中からロケットの燃料を液体水素と液体酸素に切り替えれば宇宙まで飛びそうです。