花粉症の季節になりました。

薬やマスクにお世話になるのも仕方ない面もありますが、車での通勤中ぐらいは快適に過ごしたいものです。そこで、お薦めするのはテスラ車です。

テスラHEPAフィルターと生物兵器防衛モードのテストをしました(2016/05/02)によると、PM2.5の値が「生物兵器防衛モード」のスイッチをオンにして2分足らずでほとんどなくなり、3分でゼロに限りなく近くなるようです。実際にモデル3のオーナーは「3分でくしゃみが出なくなる」と言っていました。
biohazard-line-graph-2x
(画像:テスラのHPより引用)
ウイルスのような小さなものはフィルターを通り抜けてしまうでしょうが、花粉程度なら十分その威力を発揮するようです。

「生物兵器防衛モード」と聞くとその仰々しい名前に笑ってしまいますが、花粉に苦しむ現代人にとって、その場を動くことのできない植物から自然を壊す人間への報復措置に対抗するには、このような機能も残念ながら必要なのかもしれません。

ただし、この機能の恩恵を預かろうとすると、1枚10円のマスクを100万枚分買うだけの資金を用意しなければなりませんが。