トライブリッド蓄電システム

nichiconは、BYDのフォークリフトと蓄給電(2017/10/21)で紹介したトライブリット蓄電システムをいよいよ6月に発売するようです。
54
電気自動車といえども、電気を石炭や石油の発電で作っていたのではエコではないと横やりを入れる人がいますが、ソーラーパネルで電気をまかなうことができたら、パネルを作るためにエネルギーはかかってもそのエコ度はずいぶんと上がることでしょう。

ただし、思ったよりもそのシステム価格は高いものでした。
2019年を前に電気自動車の中古車が売れる?(2017/11/09)に書いたように、FIT(固定価格買取制度)による太陽光発電の買取期間10年間を終える「2019年」には、電力会社へ売られていた約50万世帯の約200万キロワットが自家消費にまわるようになると見込まれていますから、それを見越しての発売なのでしょうが、投資額としては少し高いものとなりそうです。

この価格設定は、もしかして補助金が出ることを前提としているのかもしれませんが、上記トライアングルの左下にある家に備える「パワコン」の希望小売価格は100〜110万円、右下の電気自動車への給電設備である「V2Hスタンド」は110万円、電気自動車の代わりに電気を貯める「蓄電池ユニット」は90万円となっています。

説明には太陽光発電の電気を「蓄電池ユニット」に貯め、夜に電気自動車へ充電するとありますが、電気自動車を私のように2台所有しているものもいますから、その場合は、「蓄電池ユニット」の代わりに電気自動車をあて、発電時の電気を直接充電に回すことができるかもしれません。

(追記)前に出されていた「コンセプト発表版」には、「太陽光で発電した電気を電気自動車(EV) に直接充電できます」とありましたが、今回発表のホームページには、「太陽光発電や蓄電池から電気自動車への倍速充電が可能」とあるだけです。表現が少し後退したような感じです。(コンセプト動画の中では直接充電できると話していました)

ただし、カタログ版には「蓄電システムがなければ発電時に余った電気をためておけないので、通勤に電気自動車を使う方は発電した電気を昼間に充電できません」とありますから、電気自動車を通勤に使わずに家に置いてある場合は、発電した電気を昼間に充電できるかもしれません。
37

再生可能エネルギーで充電
(2018/01/08)