トヨタ、モビリティサービス専用EV『e-パレット』をCES 2018で発表(2018/01/09)

ちょっと古い記事ですが、1月9日から3日間、ラスベガスで開かれた家電見本市「CES 2018」で、トヨタが公開した『モビリティサービス専用次世代電気自動車「e-パレット コンセプト」』の件です。

「e-パレット コンセプト」は、シェアリングや店舗、輸送仕様など、様々な用途に応じて変身させることができ、それをネットワークにつなぎ、自動運転で走らせようという車です。


(基本機能説明映像)

このような車の実現はまだ先の話かと思われるかもしれませんが、記事によると2年後の2020年東京オリンピック・パラリンピックでデモ車を計画しているそうですから案外実現の時期は早いのかもしれません。

この車は、個人向けのEVではなく業務用EVとされていますが、初期はそうであっても、自動運転の導入はおそかれはやかれ個人向けにも広がるのは予想されることでしょう。それがやがて近未来と未来(2017/12/31)に書いたように、個人所有からカーシェアリングが普通になり、マイカーといった概念もなくなるような社会へと加速度的にすすませるかもしれません。

GM、19年にもハンドルなし「無人運転」の量産車(2018/01/12)

トヨタとしては何としてもエンジンを残したいがためにか、中距離向けに発電専用エンジンを積んだプラグインハイブリッド車も検討しているようですが、これも「テスラ セミ」のように牽引する部分だけを途中で自動交換すればすむ話ですから、別のPHVを作るよりは、「e-パレット」のように仕様を統一した方がコストもかからないでしょう。

いずれにせよ、トヨタの思わくとは違ったところで「e-パレット」は、車社会のパンドラの箱を開けてしまうかもしれません。