新型コンパクトEV、ユニティ・ワン 発表…航続300km、1万4900ユーロから(2017/12/19)

スウェーデンのユニティ社は、『ユニティ・ワン』を発表したと報じています。

ユニティ・ワンはリンク先の画像を見ていただくとわかるように、隣に立つ人との対比からして三菱アイミーブより小さい小型の電気自動車です。このボディに前後の2シーターならわかりますが、4シーターや5シーターも選択できるとはにわかに信じがたいです。タイヤとモーターが一体となったインフォイール・モーターで室内を広く確保しているのかもしれません。(加筆:カーボンファイバー製だそうです) 

また、バッテリーの容量は22kWhあり、1充電航続距離は最大で300kmあるとしています。30kWhの旧リーフはヨーロッパ基準で250km走るとなっていましたから、それよりも少ない容量で遠くまで走るとすれば、車重を軽くし、より電池の性能が上がって可能であるのかもしれません。

注目した点は、ユニティ・ワンが2019年の市販とはいえ、現地ベース価格を1万4900ユーロ(約198万円)としていることです。記事にはスウェーデンの補助金を含んでと書いていませんから、あいまいな点もありますが、この性能でこの価格なら売れるかもしれません。