日産自動車、カーシェアリングサービス 「NISSAN e-シェアモビ」を開始(2017/12/08)

日産は、カーシェアリングサービス、「NISSAN e-シェアモビ」を2018年1月15日から開始する、と発表し、「NISSAN e-シェアモビ」の会員募集をスタートしています。

カーシェアリングサービスの対象車種は、新型「日産リーフ」と「ノート e-Power」です。
171208-01_embed02
(画像:日産のHPより引用)

また、月額基本料金は1000円ですが2018年7月末まで無料で、以下のような時間のみの課金料金システムです。利用距離による料金加算もありません。(税込)
・ ショートタイム:200円/15分
・ パック:6時間3,500円、12時間5,500円、24時間6,500円
・ アーリーナイト(18-24時):2,000円
・ レイトナイト(24-6時):2,000円
・ ダブルナイト(18-6時):2,200円
・ ビジネスナイト(17-9時):2,500円

レンタカーでは満タンにして返しますが、リーフの場合はどうするのかと「利用案内」を見たところ、やはり充電して返却とあります。ただし、「車内の装備・備品」欄に「充電カード」とありますから、それを使って返却時に車の設置場所である日産ディーラーで充電するのでしょう。しかし、その時間は課金システムの時間内に含まれるのでしょうか。そうなると走行距離や暖房使用によっては30分ほど早めに帰着する必要がでてきます。

また、新型「日産リーフ」は40kWhですから、電気の減り方次第では30分では80パーセントまで回復しないことも考えられます。ガソリンでいう満タンの100パーセントでなくてもこうした場合は、返却時に許容の範囲内になるのでしょうか。

日産の充電プランには、「使いホーダイプラン」と「つど課金プラン」という2つの料金プランがありますが、給油の代わりの充電ですから、車内にある「充電カード」は、日産ディーラーでの充電でも課金される「つど課金プラン」のカードでしょう。入会するときの登録するクレジットカードでの清算になると思われます。

「つど課金プラン」は、日産ディーラーでも1分15円ですから、少しでも速い急速充電器で充電した方がお得ですし、「ノート e-Power」は給油になりますから、ガソリンよりも安い電気を給電する「日産リーフ」の方を選んだ方がよりお得でしょう。

シェアを利用できるステーションは未発表ですが、そこを利用できそうな人は、とりあえず月額基本料金が無料の2018年7月までは入会してもよさそうです。

なお、1月に約30のステーション(東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山など)からスタートし、順次、他の都道府県にも拡大していくそうです。
(加筆)
ステーションの場所が発表されていました。(12月14日)

(加筆)
以下の動画は個人所有の電気自動車のようですが、いずれはシェアした形になるのかもしれません。 「【FORZA STYLE】 メルセデス・ベンツが描く未来のクルマとは?」