第31回国際電気自動車シンポジウム・展示会 & EV技術国際会議2018(2017/11/22)

来年のことをいうと鬼が笑うといいますが、このシンポジウムは2018年9月30日(日) -10月3日(水) と鬼が腹を抱えて笑いそうなぐらい1年ほど先の会期です。

しかし、国際的な会議ですからその時の旬な情報に触れることができるのでしょう。ただし、 シンポジウム・テクニカルセッションへの参加費用は高額ですが、最新の電動車両や構成部品、アカデミックな研究成果などが展示されるフロアや試乗会は無料で参加できるそうです。

このころには、日産がリーフに電池容量を増やしたグレード追加しているでしょうし、ホンダは中国専用電気自動車モデルを発売しているかもしれません。また、現代自動車は1充電で390キロメートル走るSUVを発売しているかもしれませんから、EVシフトが話題になる中、注目を集めそうなシンポジウムです。