トヨタ、2020年に中国へEV導入…車両電動化への取り組みを加速(2017/11/17)

トヨタは、中国においてトヨタブランドの電気自動車を2020年に導入すると17日から始まった「広州モーターショー」の記者発表で明らかにしたと伝えています。この電気自動車は、日本で開発されたモデルで、中国が2019年に導入する新エネルギー車(NEV)製造販売比率規制をクリアするために製造も中国で行うそうです。

以前、SankeiBizでは、「中国自動車市場に「2018年問題」 新エネ車の現地生産義務化」(2017/08/14)でトヨタも2019年には「 中国でEV量産に乗り出す見通し」と報じていましたが、勇み足だったようです。

この他トヨタ関連では、トヨタがスズキの電気自動車製造を支援し、2020年ごろにインド市場へ電気自動車を投入する予定だそうです。また、トヨタもスズキからOEM供給を受け、自社ブランドで発売するそうです。

トヨタとスズキ、インドへのEV投入で握手(2017/11/17)

インドでは、2030年までに同国内で販売する自動車を電気自動車のみへと表明していますが、その理由は、世界で大気汚染が深刻な都市ワースト20のうち 半分をインドの市町村が占めるということがあるようです。18日のテレビでは、大気汚染で視界不良の中、事故で止まっている車に次々と車が突っ込んでくる様子を映し出していました。インドの大気汚染、1日50本喫煙に匹敵? 年々深刻に(2017/11/19)には、「ニューデリーの微小粒子状物質PM2・5の年平均濃度は、北京の約1・4倍」ともあります。

どちらの電気自動車も日本へ輸入されることはないでしょうが、トヨタ産の電気自動車が増えることで、そのデータが日本での製造に反映されるのでしょう。

ちなみに2020年のオリンピック・パラリンピックでは、オリンピックモデルの電気自動車を大会で走らせるそうですし、2022年には、「全固体電池」を搭載した電気自動車を日本国内で発売する方針のようです。(どちらもリンク切れ)