超急速EV充電、欧州で400カ所整備へ BMWなど4社連合 (2017/11/03)

ホンダもEVシフトに書いたホンダの電気自動車が「超急速充電」に対応する件の続編です。今回の記事では、電気自動車普及への一環として、BMWやダイムラーなど4社が2020年までにヨーロッパの幹線道路沿い400カ所に出力350キロワットの超急速充電ステーションを設けると報じています。

ヨーロッパの面積からいって設置数は少ないように思いますが、電池の大容量化や充電の短時間化により、少ない配置でも大規模に設置したことと同じような効果があるのでしょう。

また、こうした海外での動きに関連して、日本の急速充電規格である「チャデモ」も150キロワットから2020年頃には350キロワットに引き上げるのでしょうし、「コンボ」規格も併設する予定なのでしょう。

ホンダは、自社の電気自動車発売に合わせて2020年には各ディーラーに充電器を設置してくるでしょうし、その充電器は必然的に販売するからには「超急速充電」対応のものになるのでしょう。ホンダ・ディラーは全国に2400カ所ほどあるようですから、現在の7,160カ所あまりがいっきに1万カ所近くに増えることになります。

スズキやスバル、ダイハツなども電気自動車の開発を表明していますから、少なくとも充電インフラの不足はやがて誰も言わなくなるに違いありません。

充電6分でEVが320km走る、東芝が次世代リチウムイオン電池を開発(2017/10/06)

150キロワットの急速充電器(2017/03/29)

10
(画像:チャデモ協議会のHPより150kW充電器の写真を引用)