Volkswagenのゴルフに「e-Golf」を追加

e-Golf」は、2015年に国内発売される直前まで行きましたが、急速充電できない場合があったため発売は延期されていました。今回は、満を持しての「再」登場です。

失敗を繰りかえさないように日本での急速充電規格「CHAdeMO」対応のチェックを慎重に重ねていたのかもしれません。当初は「6~7月をめどに日本で発売すると発表」とありましたがその頃兆候はなく、7月に新東名では新e-Golfに出会っていますが、ようやく10月になっての発表です。
P1160074
(2017/07/15 浜松SAで撮影)

この「e-Golf」は、電池容量35.8kWhで一充電航続距離が301km(JC08モード)です。また、車両本体価格は499万円で、補助金は30万1,000円出ます。さらに、2017年12月25日まで「EV 生活準備資金サポート」キャンペーンをおこなっており、条件を満たせば購入準備資金として20万円がもらえるそうですから、下のように当初は対象車が限られていますが、少なくとも516-30-20=466万円で購入できるようです。

このタイミングの発売ですから新型リーフと比較されるでしょうが、価格・航続距離からいって難しいところもあるでしょう。

なお、「e-Golf」は、インターネットの専用サイトからの事前申込みが必要で、当初の対象車はテクノロジーパッケージオプション装着車(税込価格¥5,162,800)のみとなっています。

また、10月28日から一般公開が始まる東京モーターショーに展示されているそうです。  

満を持して「e-Golf」(2017/02/11)