充電設備補助金 公募申請 9月末日採択結果のお知らせ(2017/10/10)

次世代自動車振興センターは、 9 月末日に結果の出た補助金がつく充電器の一覧を掲載しています。

それによると、高速道路は、北海道の「道東自動車道 占冠パーキングエリア上・下線」のみですから、東名や名神への超急速充電器の増設はまだ先のようです。(最後に書いたように、早くても来年度へ持ち越しのようです)

150キロワットの急速充電器(2017/03/29)

経路充電の「道の駅」などには、北海道から鹿児島まで新たに31カ所に設置されます。滋賀県でも空白域だった「道の駅くつき新本陣」への設置は、充電環境をより充実させてくれます。

目的地充電の商業施設などでは、イオン系を中心に岩手から沖縄まで100カ所に設置されます。滋賀県でも200Vのみだった「日産プリンス滋賀販売株式会社 大津店・水口店」にも急速充電器が設置され、新型リーフへのバックアップが整うようです。

特にエコアイランドEV協議会を立ち上げている宮古島市では、「宮古島市役所平良第二庁舎」「宮古島市役所上野庁舎」「宮古島市熱帯植物園」と意欲的に整備を進めています。

森末さんもEV(2017/03/23)

基礎充電のマンションなどでは、ライオンズ系を中心に30カ所に設置されます。

充電環境の行方に書いたように一方では撤去されている充電器もありますが、このように全国各地に増えている実態もありますから、少しは安心です。

(ただし、今年度は予算額を使い切ったそうですので、今後このような形で増えることはありません。しかし、『「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」三次公募の受付開始』にあるようにこちらの予算は消化されていかないようです)