日産リーフ上級モデル、電池容量60kWh・航続距離300マイル超に(2017/09/06)

「EVが民主化する好機だ」と日産幹部が豪語(2017/09/07)

新型リーフ発表」の中で書いていた2018年に出る予定の「Longer Range」グレードは、記事によると「60kWh」だそうです。今回発表になった新型リーフは40kWhですから、その1.5倍の容量になります。

西川社長は、「60kWh」の一充電航続距離を「300マイル以上」としていましたが、スキラッチ副社長はアメリカのEPA燃費で225マイルと修正していました。225マイルは約362kmです。これを元に計算すると、新型リーフ40kWhは日本のJC08燃費で400kmですが、EPA燃費で150マイルとなり約241kmとなります。測定条件の厳しい欧米の燃費測定の方がより実態に近いといわれています。

400kmは半分ほどに減ってしまいますが、10.5kWhの電池しか積まないアイミーブMグレードでも日常の運転で支障が出たことはありませんから、リーフが240kmも走れば十分な性能と言えます。

なお、日本とアメリカやヨーロッパとの燃費測定には違いがあることを頭に入れておかないと、比べてはいけない測定を混同してしまいます。たとえば、以下の記事でも混同しているのではないかという部分が見られます。

400km走れるEVが315万円から!! 新型日産リーフが「電気自動車」の世界を変える(2017/09/06)
ちなみにテスラモデル3の航続距離は約354km 
モデル3のスタンダードバッテリー搭載車は、航続距離が220マイル(約354km)と発表されていますから、記事はこれを指していると思われますが、この距離はEPA燃費のものです。記事のタイトルにあるように新型リーフの航続距離を400kmとするなら、モデル3のもJC08モード燃費に修正しないと比較できません。
  • リーフ(40kWh):150マイル(約241km)
  • リーフ(60kWh):225マイル以上(見込)(約362km)
  • モデル3(未発表):220マイル(約354km)
また、「EVが民主化する好機だ」と日産幹部が豪語の中では、時期についてはあきらかにされていませんが、近い将来スポーツ用多目的車(SUV)タイプの電気自動車を投入することを検討中としていました。日産にはエクストレイルがありますが、三菱アウトランダーPHEVを元にEVグレードに仕上げてくるのではないでしょうか。(コメントあり)