充電設備補助金 公募申請 7月末日採択結果のお知らせ(2017/08/09)pdf

次世代自動車振興センターが2017年7月末の補助金申請の採択結果を上のように公表しています。お住まいの県内に新しく充電器が設置されるかもしれません。ぜひ、お確かめください。

経路充電は、今回もそのほとんどが「道の駅」ですが、目をひくのが、今年度末頃までに完成予定の「新名神高速道路」高槻JCT~神戸JCT間に位置する「宝塚SA上・下線」です。
ただしそこには、東名や新東名・名神高速など既存のSAやPAの名前はありませんから、2台目3台目でしかも150kwの新世代・超急速充電器の設置はまだ先のようです。

目的地充電は、「イオンモール」関係の多さが目をひきます。
滋賀県の「イオンモール草津」は、すでに急速充電器が2基、普通充電器が1基ありますが、さらに増設するようです。私も経験がありますが、ここは充電渋滞していることが多いからなのでしょう。そういった点から他も確認してみると、愛知県の「イオンモール長久手」も増設でした。そのほかは確認していませんが、渋滞頻度によって増設を申請いるところも多いことでしょう。

マンション及び事務所・工場等では、日産関連が目立ちます。9月に発表される新型リーフに備えてでしょうか。
この項目の対象は、「基礎充電」ということで200Vコンセントだと思うのですが、中に「トヨタ自動車 本社 従業員駐車場」という文字もあります。そこに他社の車はとめられないでしょうから、プリウスPHVを買った従業員のために設けるのでしょう。