日産「20年代前半からEV主軸に」 成否の鍵は中国(2017/07/04)

日産の西川社長が、2020年代前半から出す車種からは、電気自動車を前提として開発していくと述べたと報じています。
先日、新型リーフの公開を9月6日と発表したばかりですが、「車種として需要の大きなところで、どれだけ魅力あるEVをつくれるかがポイントだ」と述べているように、そのほかにも電気自動車の車種を広げることで、選択肢が増え、裾野を広げてゆく計画なのでしょう。

日産「SUVや軽自動車、商用車」も
(2017/06/29)

同じように、日産は価格を150万円前後に抑えた「Aセグメント」の電気自動車を2018年度以降に中国で発売すると明らかにしています。「Aセグメント」というと軽自動車から排気量1Lクラスの領域です。日産は、新型リーフを中国でも発売するとしていますから、そのリーフを輸送した帰りの船でこのA電気自動車を持って帰れば、2020年を待たずに車種を増やすことはできそうですが、次期軽EVに期待する者としては、日産デイズ -EVの芽を摘むことのないように願いたいものです。

新型リーフの対抗馬となるテスラの「モデル3」は、以下のように7月28日に納車を開始するそうです。
電気自動車の普及を願ってこのブログを始めた2007年には想像もつかなかった状況ですが、話題に事欠かなくなってきたニュースの数々はうれしいかぎりです。

テスラの量産型新EV、7月末に納車開始 計画通り生産 (2017/07/04)