滋賀県内の充電器リストを更新(2017/06/15)で滋賀県内には急速充電器が118カ所(119基)、200Vの普通充電器が179カ所(249基)あると書きましたが、その変遷はどうなってきたのか自身のHPで調べてみました。

4年前の滋賀県内 充電器リスト(2013/05/12)によると、急速充電器20カ所、普通充電器84カ所と書いていました。充電器は、この4年間で下の地図にあるようにびわ湖の周りを埋め尽くし、急速充電器だけでも約100カ所も増えたことになります。また、その当時は、「〜にもなっています。ずいぶん増えてきましたが,普通充電器の多くはトヨタのプラグインハイブリッド用にトヨタ系列の販売店に設置されたもので,あまり一般的とはいえません」とあります。そのトヨタがプリウスPHVの発売に合わせて、一般にも公開したことは隔世の感があります。

42

(画像:左はCHAdeMO協議会2013年当時の急速充電器設置マップ、右はEVsmartより引用)

ちなみに、2016.10.19現在(pdf)では急速充電器110、普通充電器 200 でした。

他県では、データは2015年(2014年H26年度補正)と古いですが、次ぎで設置計画などを検索することができます。 地方自治体等のビジョン検索

4年前、電池容量の少ないアイミーブMグレードでは琵琶湖を一周する「ビワイチ」をすることは少々不安がありましたが、このように充電インフラは充実してきており、現状では、全く問題がありません。しかし、先の道の駅などに急速充電器設置(2017/06/11)にも書きましたが、今後のこの充電環境には不安があります。

急速充電器はもう増えないのではないか、今後は減少に転じるかもしれないという不安です。

急速充電器の増加が頭打ちになっていることは、CHAdeMO協議会が発表している下のグラフ(緑色の折れ線)でも明らかです。道の駅などに急速充電器設置(2017/06/11)にも書いたように、現在新設されているところはそのほとんどが「道の駅」で、滋賀県も例外ではありません。県内残り5カ所ほどの道の駅で整備が完了すれば、導入や維持に高いコストを払ってまで整備するところはありそうにありません。

17
(画像:CHAdeMO協議会の資料より引用)

また、次期リーフのように今後一充電走行距離が300kmや400kmの電気自動車が走り始めれば、目的地までの途中で充電する「経路充電」そのものの回数が減るでしょうし、使用される回数が減ればさらに充電器の維持は困難になります。一時期増えたコンビニの急速充電器は維持コストを少しでも減らすために20kWhや30kWhといった中速のものが導入されていますが、充電に時間がかかることからかえって敬遠されることになり、場所によっては使用が少ないために維持コストばかりがかかるという悪循環に陥っているようです。道の駅などに急速充電器設置に書いたように駅自体の存亡も危ういのです。

このことは、急速充電器の減少にもつながりかねない大きな問題とつながっていきます。国の補助金で設置した充電器の「保有義務期間」「5年」と関わっての問題です。

最初に書いたように、滋賀県内に急速充電器が20カ所しかなかった時期は4年前です。ですから、あと1年足らずで廃止しても補助金を返納する義務はなくなるわけで、コンビニにしても道の駅にしても売り上げ増に結び付くと充電器を設置してみたが、利用はそれほどでもなく、かえって維持コストばかりかかって負担になっていては、撤去されてしまってもおかしくはないでしょう。

充電インフラが整備されている安心感があるからこそ、電気自動車はどこへでも行くことができます。一充電走行距離が長くなっても、この安心感は電気自動車にとって何物にも代えがたいものですから、少なくとも今の充電インフラをどのように維持し、今後拡大していくかの方策を、自動車メーカーばかりでなく、ユーザーも考える必要がでてくるかもしれません。