EV走行だけじゃない! ハイブリッド車としても優秀すぎるプリウスPHV(試乗レポート)(2017/06/05)

「プリウスPHV」のロングドライブを含めた試乗レポートです。

以前紹介したプリウスPHVとi-MiEV(2017/06/01)とは違う視点でもレポートしているので、プリウスPHVに関心のある人にとっては、興味をひくものですが、「急速充電」に関しては詳しい説明のないばかりか、誤解をあたえそうなものでした。
たとえば、「急速充電」について触れているところは以下の2カ所です。プリウスPHVとi-MiEVで書いたようにプリウスPHVの充電カードでは、急速充電せずにガソリンで走った方が安上がりなのに、それについては少しもありません。そればかりか、2カ所目にあるように「経済的」とまで書いています。
東京から琵琶湖周辺の城下町までの片道およそ500kmを、お昼を食べる感じで途中2回ほど充電して走った
片道2回ずつの充電はしたが給油なしでおよそ1000kmを余裕で行って帰ってこれて、経済的に驚くほど良好であるということである
このプリウスPHVは貸出車両でしょうから、筆者個人のトヨタ充電カードではなく、カードも貸与されたものだったでしょう。ですからカードの「経済性」は抜け落ちていたのかもしれません。

トヨタPHV充電料金公表(2017/01/06)
 
抜け落ちていたといえば、往復で4回充電をしながら、その様子・その詳細がないのも、プリウスPHVの「急速充電」を「普通」に行うことが当たり前といった誤解をあたえてしまいそうです。「お昼を食べる感じ」で休憩時に合わせて充電をするのことはあるでしょうが、その経済性を考えれば、あくまでもお試しのレベルでしか考えられません。

プリウスPHVが「急速充電」に対応したと聞いたときから心配していた「試したくなる」心理が、このレポートにあらわれているのかもしれません。ですから、しばらくは急速充電器の前でプリウスPHVと出会うことが増えるかもしれません。