エコどころかただのゴミ・・・武漢で未使用の電気自動車200台が2年間放置された「墓場」が出現=中国(2017/05/25)

電気自動車に関しての記事は、相変わらず疑問符が多く付くものがあります。

たとえば、これはタイトルに「電気自動車」とありますが、文中の単語はすべて「電動自動車」です。中国の「今日頭条」からの引用のようですから、翻訳の時点で間違っていたのかもしれませんが、プラグインハイブリッド車なども含めた「電動自動車」という大きなくくりの中の一つが「電気自動車」ですから、署名のある筆者はその違いが曖昧なのかもしれません。
また、タイトルには「未使用」とありながら、文章にはナンバーが付いているものもあるとしていますから矛盾しています。

一番の問題はそのイメージ写真で、中国の「電動自動車」といいながら、EVを知っている人が見たら、それはどうみても三菱のアイミーブです。中国では、補助金目当てで電気自動車が不当に架空売買されているとの記事を読んだことがありますが、日本で少量しか生産されていない高価な電気自動車を船便で運んで、補助金目的にだけ利用したとしても、とても元は取れないでしょう。
意図的なものではなく、たまたま選んだイメージ写真が、これだったと思いたいものです。

以下のような中国の電動車市場についてのレポートもあります。参考まで。
追い込まれた日系自動車メーカーは、世界最大の市場でどんな夢を見るのか(2017/05/15)