今なら中古車リーフ 4年間充電代サポート!
リーフに乗っていなくて、世の中に「無料」というものは存在しないと思っている者にとって、よく理解できないプログラムです。(自動車保険で「ロードサービス無料」とうたっていても、ロードサービスを利用しなかった人も含めて全員の保険料から少しずつ、ロードサービスを使った人の費用・経費分を負担しているので、ロードサービスのためにだけ追加料金は払わなくても実質タダではない)

中古車リーフ 4年間充電代サポート」の中身は、中古車リーフを購入したとき、日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2  (ZESP2)に加入すると、「使いホーダイプラン」が2年間「無料」になり、その後の約2年間、ZESP2月会費2年相当分の商品券4.8万円分がもらえる。つまり、通算で4年間、あたかも「無料」のように使うことができるということのようです。

秋には40kWや60kWと噂される新型リーフが発表されるということなので、買い控えを少なくするための販売促進策なのでしょうが、あまり「無料」を打ち出すと将来「有料」へ変更しなければならなくなったとき、そのタイミング・方法が難しくなりそうです。 

ちなみに、テスラは自前のスーパーチャージャー利用を「無料」(購入価格に含めて)にしていましたが、2017年1月16日以降の注文分については、毎年400kWh (約1,600km分)までは今まで通り充電「無料」ですが、それ以上の充電には都度料金がかかるようです。