アウトランダーPHEVの原動機およびPHEVシステムについて(2017/05/18)

三菱は、アウトランダーPHEVの「点火プラグの仕様が不適切なため」、2013年(平成25年)1月17日から2015年(平成27年)6月15日にかけて製造された全車両の「エンジン制御プログラムおよびPHEVシステム制御プログラムを対策仕様に書き替え」、「点火プラグを対策品に交換」すると、リコールを届けています。
2017年3月までに製造された37,366台のうち、リコール対象車は23,179台になるようです。

リコール等対象車両検索

アウトランダーPHEVは、EVのみの走行が長時間にわたった場合、ガソリンやエンジン内の劣化を防ぐために、自動的にエンジンがかかるようになっていますが、その制御プログラムと点火プラグに不具合があったようです。
電欠の心配がないPHEVは、最近もてはやされているところが見うけられますが、モーターに加えエンジンも抱えていますから、制御の手間は大きく増えているのでしょう。

電池容量さえ増え、電欠の心配が薄まれば、やはりEVでしょうか。
(乗り慣れれば、電池容量はそれほど多くなくてもなんとかなるのですが)