EV用新型充電器 高速道路への設置広がる(2017/05/04)

電気自動車の普及には欠かせない充電器の話題です。
今、設置を積極的にすすめているのは、「テスラ」と「チャデモ協議会」で、両者とも「高速道路のインターチェンジの近くや、サービスエリア」などに設置予定とのことです。

テスラの充電器

特に「チャデモ協議会」では、150キロワットの急速充電器(2017/03/29)を「年内」に設置する方針だそうですから、150キロワット上限の性能が生かせない今までの電気自動車でも既存のEVとの互換性は確認されているため、充電渋滞の緩和には大いに役立ちそうです。

また、ニュースの最後にあった「経済産業省は、2020年までに全国の公共施設に設置する充電器の数を、現在のおよそ3倍の2万台に増やしたい」というのは初耳でしたが、実現すればこちらも充電渋滞を減らすことに役立ちそうです。

ただし、「全国の公共施設」がどこを指すのかが問題で、「県市町村庁舎」や関連の「駐車場」、国交省が関わっている「道の駅」、「公園」や「動物園」、「博物館」や「実術館」などなのでしょうが、3年で現在の3倍もの設置が可能なのか、設置後の維持費も考えると少々疑問です。また、今までに設置されてきた「公共施設」では、使用時間帯が開館時間帯に左右されることが多かったので、24時間の運用が望まれます。さらに、滞在時間が長い「園」や「館」は普通充電器を大量に、短時間の「道の駅」等は急速充電器をといった仕分けができるかどうかも設置のポイントとなるでしょう。