EV・FCV・PHV用4.5kW可搬型給電器 EVパワー・ステーション「パワー・ムーバー」を開発(2017/04/27)

ニチコンから電気自動車・燃料電池車・プラグインハイブリッド車の電気を取り出す給電器が発表されていました。この「パワー・ムーバー」は、8月より販売をするそうです。

100Vを取り出す給電器は、今までも同じニチコン製で三菱から販売されているMiEV power BOX(最大1.5kWのコンセントが1口)などがありましたが、この「パワー・ムーバー」は、4.5kWの出力(最大1.5kWのコンセントが3口)に対応していることが特徴です。

4.5kW(1.5kW×3)出力があれば、アウトドアでのレジャーに限らず緊急時に、機器に余裕をもって電気を使うことができます。たとえば、1.5kWのMiEV power BOXに消費電力の多い湯沸かしポットをつないだり、地下水をくみ上げるために起動電力が大きいポンプを使用したりすると、他の器具をつなぐ余裕がなくなりますが、3口あれば同時に複数の機器の使用が可能となります。

ただし、4.5kW出力に対応するためか「可搬性に優れたトランクケースタイプ」といっても寸法は、 W631×D500×H302 (mm) (MiEV power BOXはW395×D334×H194(mm))もありますし、価格も65万円(税別)します。(MiEV power BOXは約14万3千円(税別))

電気自動車などの利用台数からいって大量に販売できる製品ではないですから、性能に見合った価格ともいえるでしょう。会社や行政などで電気自動車を保有している場合は、災害時にその機能を上手く利用することができるでしょうが、個人で使うには使用用途を事前に考慮する必要があるかもしれません。

対応予定車種
  • トヨタ:MIRAI
  •  日産:リーフ、e-NV200
  • 三菱:i-MiEV シリーズ、アウトランダーPHEV 他
200_img03
(画像:ニチコンのHPより引用)