大阪駅前第3ビルにイタリア製小型電気自動車「BIRO」日本1号店(2017/05/01)

イタリア生まれの超小型モビリティ BIRO(ビロ)の日本1号店が大阪・梅田に4月26日オープン(2017/04/18)

イタリアの電気自動車というと2007年に発売されたGirasole (ジラソーレ)を思い出します。Girasole は時代的にちょっと早く出過ぎたようですが、「Biro」は、居場所を見つけることができるでしょうか。(Girasole のホームページは、まだ当時のまま残っています)

Biro」は、道路交通法上「ミニカー」扱いとなるため、一般道の法定速度は時速60kmですが、HPによると最大速度は時速45kmだそうです。また、イタリアでは2人乗りで座席も2人分ありますが、日本の「ミニカー」は法規上1人乗りとなります。
また、バッテリータイプは2つあり、「脱着式」と「固定式」です。ホームページには2つのバッテリー容量の違いが書いていませんが、航続距離は「脱着式」が平均約55km以上、「固定式」が平均約100km以上と倍近くになっています。これは、電池容量の違いによるものと思われますが、タイプが違ってもなぜか電池価格は432,000円と同じになっています。100Vの屋外コンセントが駐車場にあれば、迷うことなく「固定式」でしょう。
biro_image2-550x400
(画像:birojapanのHPより引用)

カツラダ・モータース