自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現をめざす「ロボネコヤマト」プロジェクト4月17日より藤沢市の限定エリアにて実用実験を開始(2017/04/16)

「ロボネコヤマト」プロジェクト

ディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は、2017年4月17日(月)から2018年3月31日(土)の間、神奈川県藤沢市の一部エリアで、日産e-NV200を使った「ロボネコヤマト」プロジェクトを開始すると告知しています。

サービスは2つで、一つはe-NV200内に保管ボックスを設置したオンデマンド配送サービス「ロボネコ・デリバリー」で、もう一つは地元商店の商品を運んでもらうことができる買物代行サービス「ロボネコ・ストア」です。以下の「ロボネコヤマト」プロジェクト コンセプトムービーを見ていただくと、内容が良くわかります。

 

配送サービスの 「ロボネコ・デリバリー」から考えて、移動はヤマト運輸の営業所管内だけですから、一充電走行距離が短かめというe-NV200でも十分なのでしょう。また、現在は有人運転ですが、将来は自動運転の導入を予定しているそうですから、採用車両には電気自動車が欠かせないのでしょう。
_DSC3401
 (「ロボネコヤマト」プロジェクトHPより引用)