日本板硝子と旭硝子 新型ガラスで自動車燃費向上に寄与 環境重視アピール(2017/03/06)

「電気自動車」ニュースとしては、PHVのことをそんなに取り上げるつもりはないのだけれど、発売直後で注目度が大きく、記事もいくつもあるので、つい目が向いてしまいます。
17
(画像:トヨタHPより引用)
「プリウスPHV」の後部のガラス面が気になっていたところ、記事によると「両端が膨らんだ丸み」が「気流がガラスに引き寄せられることで空気抵抗が減り、燃費向上につながる」んだそうです。
真っ直ぐな形が一番空気抵抗は少ないと思いがちですが、流体力学を応用したようないろいろな形が今後はでてくるのかもしれません。くだらぬことを考えると、車の表面も鮫肌を真似た競泳用水着のような加工がされる日も近いかもしれません。
とはいうものの、車は見た目優先・デザイン重視の部分もあるでしょう。ただ電気自動車にとって、電気の使用が少しでも抑えられるというのは利点です。
(雪国ではへこんだ部分に雪が積もりやすいが)

もう一つ同じ記事には、旭硝子の「曇らないガラス」を紹介していました。エアコンによる電力消費を減らすことができることから、コストさえ安くなれば将来の電気自動車には採用されることでしょう。